車を高く売る為に大事なコツや方法BEST10(重要度順に紹介)

自分の手元にあるものを手放すとき、できるだけ高額で引き取ってほしいと考えるのは当たり前です。何年も大切に乗ってきた愛車ならなおのこと。

車の状態が良ければ高く売れるのはなんとなくわかります。しかし、大切なのはそれだけではありません。押さえるべきポイントを押さえておけば相場の10万、20万円ほど高額で買い取ってもらえることもしばしば。今回はその重要なポイントを10個に絞り、車を高く売るコツをご紹介します。

【1位】下取りではなく買取業者の一括査定で売る


まず、下取りと買取の区別をつけましょう。「下取り」とは、新しく車を購入する販売業者(いわゆるディーラー)に売却し、その売却料金を次の車の購入資金に充当することを指します。

一方で「買取」とは買取専門業者に車を中古車として売却し、代金を支払ってもらうことです。

下取りはほとんどのディーラーで行っており、走行距離や車種の流行に関わらず、ある程度の値段が付きます。その代わりに古い車種では一桁万円といったガッカリ価格になることもしばしばです。

また、次の車の購入とセットなので気に入った車のディーラーと取引をすることになるため、下取りに特化した観点では業者を選ぶ余地が少ないという点がデメリットとして挙げられます。

一方で買取は車を買い取ってもらうだけの取引なので、新規の車の購入とは切り離して考えることが可能です。流行車種や走行距離次第ではディーラーの下取りよりはるかに高い買値をつけることもあります。

ですから、業者を比較して1番高い買取価格をつけてくれる業者を選ぶことができます。

ただ、数ある買い取り業者に一々出向いて査定を受けるのは時間と手間がかかりますし、一度お願いするとなんとなく「他の業者さんにも相談したいので」と断りづらいですね。そんな時に便利なのが一括査定です。

ネットで必要情報を入力するだけなので手続きも簡素。
どうしても決めかねる結果が出るのであれば、それこそ業者に出向いて最終判断をするという方法も取れるでしょう。

買取額が2倍!?
↓8割以上が利用している人気の車一括査定2選↓

1、カーセンサー【最速1分で無料見積もり】
大手リクルートが運営するカーセンサーの車一括査定はトップクラスの評価と信頼を得ています。

「メール指定」をしておけば面倒な電話対応も必要以上にすることなく比較交渉をすることができます。同時査定依頼数が多くの一括車査定サイトの場合10社というのが多い中、カーセンサーは最大30社なのでその分高額買取の可能性も高くなります。

管理人の過去の実例をだすとカーセンサーで比較したところ、220,000円から565,000円までアップすることに成功しました。

  • 安心の大手リクルートが運営
  • 連絡は「メール指定」が可能
  • 同時査定依頼数が最大30社
  • 管理人の実例:220,000円→565,000円(2倍以上の値上げに成功)

最速1分!カーセンサーはこちら

2、ユーカーパック【オークション形式で無料見積もり】
一般的な車一括査定とは違いオークション形式を用いた買取サービスで、オークションに参加する買取業者同士をユーカーパックが変わりに比較してくれます。

電話対応もユーカーパックの担当者と1度するだけなので従来の「買取業者からの営業電話がひっきりなしにかかってくる」ということもありません。

しかも一番面倒な出張査定も自宅か近くの提携店で一度受けるだけで全国の5000社と比較交渉できるのでとても便利です。管理人も10年落ちの中古車を初回査定の2倍以上の値段で売却することができました。

  • オークション形式で無料見積もり
  • 電話と出張査定は1度でOK
  • 業界最多数クラスの5,000社以上と提携
  • 管理人の実例:155,000円→314,000円(2倍以上の値上げに成功)

オークション形式!ユーカーパックはこちら


【2位】営業マンの立場・心理を理解した上で値上げ交渉する


少しでも安く買取りたいプロを相手に交渉を仕掛けるのは勇気と下準備が必要です。

買取業者は仕入れた中古車を販売してこそ利益が得られるので、中古車を購入しないことには売り上げに貢献できません。その心理を上手く突きましょう。

まずは、売却を希望する車の買取相場を知らなければ買取担当者の言うがままに売却してしまいかねません。他店舗での見積額と比較するのもよい方法。

その上で切り札として「今ここで売るって決めたらどれぐらい値上がりする?」というセリフも有効です。本当に車を売ってくれる人と、参考価格を聞きに来た人では応対する方の本気度も自然と変わります。

高く売り込むために愛車のセールスポイントをアピールするのは大事ですが、事故・冠水履歴などで嘘をついてはいけません。相手はプロです。すぐに見抜かれますし、逆に信用してはならない客として警戒されるだけです。

そして丁寧な態度で交渉をすることです。

確かにこちらはお客ではありますが、居丈高な態度や乱暴な言葉遣いをする人を丁寧に誠意をもって遇しようとする人はいないでしょう。

笑顔で対応しつつも腹の中で毒づかれる程度ならまだいい方で、外側からはわからないように査定を下げて不利益を被せられることもあります。しつこすぎる値上げ交渉も同様に控えるべき。

絶対に譲歩できないラインというものは確実に存在しますから、引き際をわきまえることも大切です。業者の担当者も感情のある人間であることを忘れないでください。

【3位】廃車or古い車はネットの廃車買取専門業者に依頼する


廃車や本当にボロボロの中古車の場合、メンテナンスをして中古車として売り出すのが一般的な買取業者では価格がつかないということもあり得ます。

また、廃車の手続きを進める場合には買取業者から解体業者へと持ち込む流れとなり、中間マージンが発生して逆に料金がかさむことも考えられます。

そんな時には廃車専用の買取業者に売却するのがオススメです。廃車専門業者であれば解体の資格があるため、買取業者へ支払うべき仲介料が発生しません。

そして、車の状態によってはまだ使えるパーツがあったりする場合、修理用のパーツとして再利用させることも可能です。

この場合、パーツの価格をつけてくれることがあります。古いから、廃車だからとあきらめずに専門業者も視野に入れましょう。

【4位】高く売れやすい時期に売る


車の購入が最も増えるのが実は3月、次いで2月です。4月からの進学、就職、配属転換で新生活の準備に着手しだすタイミングですね。

3月に売りに出そうと考えると、業者が買取に力を入れるのは1~2月頃です。需要が最も高いこの時期に売却すると、査定額も最も高くなります。

ちなみに2017年3月の国産中古車の販売台数は50万台強で、他の月より20万台程度多く売れています。3月ほどでもありませんが、9~10月も車の販売台数が多い時期です。

1~2月を逃してしまったのであれば9月頃を狙うと買い叩かれる心配が少なくなります。

なお、販売台数が少ないのが1月と8月(2017年だと25万台前後)ですので、年末や7月頃に買取に出すのを控えたほうが賢明でしょう。

【5位】走行距離が5万km、10万km前に売る


走行距離は車の寿命を測る上での指標となるため、それなりに重要視されるポイント。

中古車買取業界では1年あたりの走行距離が1万kmを基準としているため、5万km走行しているとなるとやや型落ち、あるいはパーツの消耗が激しいと見なされます。10万kmならなおのことです。

これまで見てきたように走行距離だけで買取価格が決まるわけではありませんが、5万km、10万kmを超えないうちに売却した方が高めの査定をしてもらえます。

気をつけなくてはいけないのは、走行距離が少なくても年式が古いと逆に査定が低く算出されることがある点。車はある程度走らせていないと劣化が一層激しくなるという性質があるためです。

なお、走行距離が10万kmを超えているからと言って買取をしてもらえないわけではありません。日本産の車は性能が良く非常に丁寧に作られており、海外でも大人気です。

日本国内の基準では古い、売れないと見なされていても海外基準だとまだまだ現役で使える車もたくさんあります。

走行距離が多い場合には海外への販路を持つ買取業者を利用するとよいでしょう。

【6位】車検の1~2カ月前に売る


車検切れの車では公道を走れませんので、引き取ってもらうにも運送費用が必要だったり自走させるための仮ナンバー発行の手続きが面倒だったりとデメリットがあります。

車検切れの車でも買い取ってもらえないことはありませんが、あるとなしではある方が圧倒的に査定は高く出ます。

しかし、車検を通してから売却をすれば評価が高くなるかというとそうでもありません。

中古車の場合は、使用開始から日数が経てばたつほど車本体の市場価値は下がりますので、車検を待たずに買い取ってもらった方が高額で引き取ってもらるケースが多いです。

また、車検にも費用が掛かりますので、車検を通さずに売却した方が結果として手元に残るお金が多い…なんことにもなりがちです。

軽自動車なのか普通自動車なのか、大型車なのか高級車なのかで多少の違いはありますが、車検切れを起こさないタイミングで売却をするのが賢い方法です。

【7位】純正オプションや社外品が付いていることをアピールする


純正オプションには車の工場で取り付けるメーカーオプション(サンルーフや本革仕様のシートなど)とディーラー取り付けてもらえるディーラーオプション(ホイールカバーやフロアマットなど取り外し可能なものが多い)があります。

純正オプションは車体との統一感を演出するのに格好のアイテムなので、付属していれば買取価格がプラスになる要素が大アリです。中にはフロアマットのように、ないとマイナスになるものもあるのでなくさないように注意してください。

難しいのは社外オプションです。

社外オプションはプラスになることもあれば逆にマイナスになることもあるからです。事前に問い合わせをして査定への影響を聞いておくとよいでしょう。

もしプラスにならない、あるいはマイナスになるとなった場合には取り外してリサイクルショップに持ち込んだりネットオークションにかけるのも一つの方法。

ただし、社外オプション付きで査定をしてもらった後、パーツを取り外すのはいけません。査定の時と買取の時とで状態が違うのでは契約をきちんと履行することにならないからです。

また、パーツの取り外しで車体に傷がついても査定は大きくマイナスになります。自分で手を加える場合は細心の注意を払ってください。

【8位】過去の点検整備記録簿とメーカーの保証書を持参する


まず、保証書ですが車やメーカーによっては5年、走行距離10万kmまで保証してくれる場合があります。

保証書は持ち主が変わっても有効なので、保証期限内の中古車を購入すれば何かトラブルがあった時にメーカーに頼ることができるということ。

中古車を購入する側に立ってみれば、保証がある車とない車、どちらの方がより購入意欲をそそられるかわかりますね。ということは、買取業者としても高値で売れる=高値で買い取ってもいいだけの価値を認めるということになります。

点検整備記録簿も同じような観点で重要になります。

国や陸運局から認可を受けた工場や指定工場でしっかりと定期的にメンテナンスを受けているか否かでは整備状況が雲泥の差と捉える人が大半ではないでしょうか。

メンテナンスをきちんと受けていない車を安く購入して、それが原因で事故に遭ってしまったら…と考えると恐ろしいですから。

一般の整備工場でも車のメンテナンスはしてもらえますが、点検整備記録簿は発行しません。まれに発行する工場もありますが非公式なものとなり、大抵は工場名が記入されていない状態です。

この状態できちんとメンテナンスをしていると客観的に判断するのは難しく、点検整備記録簿の信憑性が低くなるのは否めません。

ですので、買取を視野に入れている場合は認定工場や指定工場でしっかりと定期点検を受けておくことをおすすめします。

保証書も点検整備記録簿も買取業者では再発行できないものなので紛失しないよう、大切に保管しておきましょう。

【9位】車内の掃除をする(タバコ等の消臭、汚れの掃除等)


買取前に素人が車内の清掃をしたとしても査定にはあまり響かないという意見もあります。どうせ、買い取った後に専門業者が清掃をするので大した違いはないはずだ、と。

確かにそうなのですが、人と同じく車も第一印象が大切です。食べかすが残る、泥や枯葉がマットに絡みついている、煙草のニオイが染みついている車では買取担当者与える印象はけしてよいものではありません。

人の第一印象を覆すのが大変なように、車もその印象を変えるのは難しいです。

そうなると、買取担当者が様々な項目チェックをする際に「汚れている車だから」、「汚れたままで平気で買い取りに出す持ち主だから」という先入観を持って査定される危険があります。

清掃が査定に響かない、というのはあくまでプラスにはならないという意味に捉えましょう。逆に言うとあまりに汚れた社内ではマイナス評価が付く可能性があるということです。

最低限、荷物やごみはトランクを含めて取り除いておく、床に掃除機をかけておく、嫌なニオイは消臭しておくなどしておきましょう。

【10位】外装の掃除をする(洗車およびワックスがけ等)


車内だけではなく外装も全く同様。汚れていればマイナス評価を受ける可能性があります。

また、汚れで車体の傷を隠しているなんて疑いを持たれたくはないですよね。洗車は自分で行ってもよいですし、1000円程度のコイン洗車で済ませてもよいでしょう。

車体に小さな傷がついている場合には、下手に自分でいじってはいけません。却って傷を目立たせてしまうリスクがあるからです。

専門の修理工場に持ち込むときれいに治りますが、売却額を考慮すると損をする可能性の方が高いので、放っておいて大丈夫です。

関連記事

  1. 楽天カーサービスの車・バイク買取一括査定の口コミ評判と特徴!

  2. ハイシャル(廃車買取)の生の口コミから分かったおすすめポイント4つ

  3. 【20万アップ!?】改造車の高価買取の方法や査定時の気を付けること